×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ジェネリック医薬品とは

無料資料請求・見積依頼 留学情報なら留学情報ナビ
治験、医療ボランティア、新薬、モニターなら治験情報ナビ

ジェネリック医薬品とは
医薬品の理解を深めよう


ジェネリック医薬品とはジェネリック医薬品とは


ジェネリック医薬品(Generic Drug)とは後発医薬品と呼ばれ、特許権が消滅した先発医薬品と成分そのものや製造方法をそのまま同じようにして、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーが作った医薬品を言います。

 

「先発医薬品」として最初に発売される薬は特許に守られています。
新薬(先発医薬品)の開発には巨額の費用と膨大な時間を必要とします。


その為、新薬を開発した企業は新薬の構造やその製造方法などについて特許権を取得します。
開発したメーカーが独占的にその薬を製造販売することができ、開発に要した費用の回収ができる仕組みになっています。

 

「先発医薬品」は、20~25年で特許期間が切れます。
特許期間が切れると他の医薬品製造メーカーも同じ成分・同じ効果の薬を製造できるようになります。
これが「ジェネリック医薬品」であり、その価格は「新薬」の2~8割にと安価な設定になる為、同じ効能の薬を消費者は安く買えるようになります。


 

ジェネリック医薬品ってジェネリック医薬品って安全なの?


欧米などの海外ではジェネリック医薬品の利用率は40%~50%と高くなっていますが、日本はまだ10%程度に留まっています。
薬に比べて、開発時間や研究費などが少なくすむので安い価格が設定できます。

 

新薬は、開発や研究、治験に莫大な費用(150~200億円)と期間(10~15年)を要している為、小売価格も高く設定されてしまいます。

 

しかしジェネリック医薬品の場合は、既に市販されており、有効性も安全性も確かめられている薬の成分そのままで作るため、承認までの手続きも少なくて市販するまでの費用と期間が軽減されます。

 

先発医薬品とほぼ同じ成分なので、ジェネリック医薬品の効果は先発医薬品と同じ効果が期待できます。

 

ジェネリック医薬品を使う事で、医療機関も消費者も医療費を抑える事ができるが、ジェネリック医薬品を使う事によって、他の副作用がでたり、先発医薬品ほどの効果が期待できないのでは?という懸念がまだまだジェネリック医薬品の普及を妨げている要因と言える。



治験のモニター募集情報、治験の詳しい情報を調べよう!
治験、医療モニターの募集情報なら治験情報ナビ


あの国.com 高校留学.net  大学留学.net  高校生留学.com  専門留学.com 大学留学

 

【治験】 治験へGO!  治験とは  治験のルール  ジェネリック医薬品  GCPとは  治験ポータル

【留学】 留学へGO!    憧れの留学    ワーホリINFO   高校留学Navi  大学留学情報

留学準備ガイド  留学ポータル   大智の部屋

【占い】 命術  相術 卜術  占いポータル

【金融】 キャッシングGOO  金利とは  無人契約機とは